THE LEGEND & BUTTERFLY(ネタバレあり)

先日、友人と一緒に鑑賞しました。

本日はその感想を綴っていきたいと思います。

ネタバレありますので、閲覧にはご注意をお願いいたします。

まず結論ですが、私は非常に楽しめました。

ただ、事前情報をあまりインプットせずに鑑賞したということもあり、想像していたものとはかなり印象が違いました。

まず、【織田信長×キムタク】というある意味王道の組み合わせなのに、まさかのポンコツ信長でした。

比べて【帰蝶×綾瀬はるか】は知勇兼備の名将のような描かれ方。

綾瀬はるかさんの演技は鬼気迫るものがあり、主演の木村さんは終始食われ気味に感じました。

「八重の桜」や「奥様は、取り扱い注意」などの作品でのアクションの経験を存分に発揮していて、大河主演女優の貫録を感じました。

ストーリーは帰蝶の輿入れから本能寺の変までが時系列で進んでいき、メインのふたりの設定こそイレギュラーでありながら、それ以外の部分はオーソドックスな描かれ方だったと思います。

京都のスラムでのエピソードは、少しあっけにとられましたが。。

基本的にラブストーリーということなので、全体の7割くらいは信長と帰蝶のやりとりのシーンでした。

伊藤英明さん、中谷美紀さん、宮沢氷魚さんの3人はまだ出番がありましたが、その伊藤さんですら、なかなかのチョイ役でした(笑)

岐阜信長まつり、頑張ったのに。。

その他の織田家臣団も有名な俳優陣がキャスティングされているにも関わらず存在感が薄く、秀吉すらしばらく出てきませんでした。

佐久間信盛や蜂屋頼隆に至ってはエンドロールで名前を確認しましたが、え?いたの?くらいの扱いで個人的にはツボでした(笑)

そもそも蜂屋頼隆は出す必要があったのか。。

【道三×北大路欣也】はワンシーンのみの登場ながら圧倒的存在感。さすがです。

華麗なる一族の親子役の共演に感動しました。

本能寺の変の後半の夢オチのシーンは明らかにタイタニックを意識した絵面。

思い切って、ふたりで南蛮へ逃避行を果たすというエンディングでも個人的にはよかった気がしました。

「サイコパス光秀が、裏で逃避行を手助けをした」みたいな、ある意味斬新な本能寺の変の真相ですね。

ツッコミどころは色々とありましたが、木村さんの演じる信長はカッコ良かったし、充分に楽しめた作品でした。

動画配信が始まったら、家でもう一度ゆっくり観たいと思います。

以上、がるでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次